• Site manager

豆知識【競争力】


今日は、企業の「競争力」についてお話ししたいと思います。

皆さんは、競争力というと何が 思い浮かぶでしょうか?

・ 技術力(高い技術とオンリーワンとでは多少異なりますが)

・ 生産性

・ 価格

・ 品質

・ アフターサービス


どれも正解であるようですが、どれもそれひとつでは「競争力」の全てを表現することは難し

そうです。では、前述の全ての組み合わせで「競争力」を構成することが出来るでしょうか?仮 に、足りない要素を付け足したとしてどうでしょうか?


結論から言うと、NOですね。技術力、生産性、価格、品質、その他の要素などを組み合わせ たり、足したり、平均をとっても、「競争力」の全てを表現することが出来ません。

では、何が足りないのでしょうか?

私が考えるに、それは「顧客の視点」ではないかと思い ます。

確かに、その産業・業界で高い競争力や生産性、安価な価格、品質、アフターサービスを 誇っていても顧客、しいては市場から必要とされないものであれば、それは競争力ではありませ ん。丁度、バブル期の様々な企業があらゆる商品に付け加えた「高付加価値」のようです。

この「顧客の視点」で「競争力」を表現するとしたら、

「顧客が自社、自社商品・サービスを選 択する理由」

となるのでしょうか?

「顧客が選ぶ理由」を「競争力」と定義して前述の構成要素を考えると、それぞれの顧客ニー ズに対するバランス・・・という、発想が出来ると思います。

整理しますと、「競争力」とは、「顧客が自社、自社商品・サービスを選ぶ理由」であり、技術力や生産性、価格、品質、アフターサビスその他の構成要素のバランスから成り立つ。ここで忘 れてはいけないのが、企業が社会に保証する事柄の優先順位です。

いくら、競争力という観点か ら自社及び自社の商品・サービスを選んでもらっても、企業が次の優先順位を守らなかったら、 顧客及び市場の信頼を失ってしまうでしょう。

それは、「1品質、2納期、3予算」です。

確かに売上計上、利益捻出に精を出すことは悪いことではありません。でも、利益とは企業存 続の必要条件であり、絶対条件ではないはずです。この順位を間違えると、その企業は市場から の信頼を維持できなくなります。皆さんも、現場のレビュー(工程会議など)の際には、この優 先順位に従って、問題などの洗い出しや対策の検討を行うようにしてください。・・・まさか、担 当する現場では、真っ先に利益から確認しませんよね。(笑)

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

少し前に「企画と計画」についてお話をしました。今回は、「課題と問題」についてお話しします。 若い従業員さんに尋ねますと、課題と問題を混同していらっしゃる方がいらっしゃるようです。しかしながら、課題と問題は大きく違います。 課題とは、計画を成し遂げるためにしなければいけないこと。 問題とは、計画と実績の差異ですね。この計画と実績の乖離が大きいほど問題が大きい…と言われます。 問題は小さいうちに潰して

日本で一番のサービス業とは、皆さんは何だと思いますか。 まず、「サービス」について考えて見ましょう。日本では昔から「サービス」というと「奉仕」とか「無償」等のイメージが強いと思います。しかし、海外などでは全く異なります。海外が正しいというわけではありませんが、わたくしが思うに「サービス」とは、「有償であり無形の役務」だと定義されるのが標準のようです。 例えば、理容、美容などは物を買うわけではありま

「企画」と「計画」。 よく似た言葉です。 皆さんは、「その違いを説明せよ。」となったら、ど のようにご説明されますか? 結論から言いますと、「計画は必達するもの」です。 「企画」は「計 画」のまえの段階、すなわち「企て」ですね。 整理しますと、 企画 : 企てること。方針・方向付けについて検討し、詳細の検討を進めるか否か の判定を受けるもの。 計画 : 特定の経営期間における目標値を定め、経営資源