• Site manager

豆知識【ビジネス上で失礼のないように】

先般、本社でFAXの宛名の書き方が話題となりました。ご存知の方も多いと思いますが、ご紹介しておきたいと思います。そのときに話題となりましたのが、どこかの会社にお邪魔している当社社員に対してFAXを送る場合の宛名の書き方です。本社管理部では千差万別でした。(中には、面白いといったら失礼になるようなものまでありました。)

たとえば、管理部の田中何某さんが●●●●株式会社△△部にお邪魔しているとします。田中さんにFAXを送る場合は次のように書くのが一般的です。

 宛先:●●●●株式会社△△部 御中

    気付 ㈱自社名 田中何某 

 この場合もそうですが、相手の株式会社とか、有限会社、合同会社などは省略することは良くありません。なぜかというと、その株式会社も含めて社名となるからです。

 FAX送信の宛名書きとは少し離れますが、様々なドキュメントを作成する場合、お客様の社名よりもプロビズモの社名が高い位置にならないこと。また、お客様より大きな文字にならないこと。などに気をつけていただくと良いと思います。見積書や納品書、検収書、請求書などを作成する際に思い出していただければ幸いです。



また、メールなどで、「了解しました」をよく見かけますが、メールを送る相手との関係を把握していらっしゃいますか?

次のことも覚えておいていただけますと幸いです。

    了解しました   : 友人付き合い又は目下に対して使用します。

    かしこまりました : 取引先や目上に対して使います。

    承知しました   :お客様や取引先に対して使います。

    承りました(承りました):お客様に対して使います。


時代とともに、表現は少しづつ変わってくるようです。

現に、私が若いころには「殿」をよく使いましたが、最近では、「様」とするのが一般的なようです。

気を付けたいものです。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

長らくこのような記事を書いておりませんでした。 最近、思うことがありまして標記と題して書いてみます。 WebやSNSなどで、さまざまな商品・サービスを進める投稿を目にします。 しかしながら、そこには「こんなサービス」や「この商品はこんなことが…」のようなプロダクト志向の内容が多いような気がします。 これでは、本当に役立つサービスや商品であっても、読み手(見込み客)が自身の求めていることとしてしっく

梅雨も明けて、夏本番ですね。 暑さも旧盆まで…と聞きますが、今年は残暑が厳しいようです。 さて、「コロナパンデミック前後にかけての社会環境」をざっくりと考えてみます。 【コロナ前】 政府⁉︎財務省と取り巻きの人々による、デフレ政策 バブルの崩壊以降、意図して景気低迷を起こされている感じがします。 ある人が「30年前から、次世代にツケを残すな!と増税を主張するが、30年経って、世代が変わってるわ!○

投稿をずぼらしておりました^ ^ 一旦、収束傾向をみせた「新型コロナウイルス」ですが、梅雨明け間近の昨今、首都圏を中心に拡がりの兆しを見せています。 以前から、「経営の本質は、常に社会から必要とされ続けること。」と生意気を申し上げております。 日々、バレないように少しづつ変化する社会環境は、コロナの影響で大きく変化しました。まさに、経営者の皆様の「腕の見せどころ」ですね。 SNSなどをみております