• Site manager

経営者の役割

こんばんは。

今回から、三回の「役割シリーズ」です。

まず、はじめに「経営者の役割」について考えます。

大上段のテーマですが、

こう言う考え方もある。

との、「広い心」でお願いします。

さて、経営者とは皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

お金持ち⁉︎ それとも、1番働く人⁉︎

それは皆さんの職場の経営者を見てお感じになっているのかも知れません。

中小の企業ですと、会社の借入は個人保証が求められます。なので、経営者の方々は文字通り「馬車馬ように」働かれるでしょう。

一方、大企業の経営者は「サラリーマン経営者」と揶揄されることもあります。確かに、金融機関からの借入には個人保証が求められることは、ほぼありません。

中小・大企業ともに経営者に求められるのは、

「社会から常に必要とされ続ける企業であるように舵を取ること。」

ではないでしょうか?

中小の企業ですと、創業の思い。

大企業ですと創業者の思い。

など、それぞれの大切なものを継承しながら「社会から必要とされ続ける」ことが求められます。

それらの思いが成文化されたもの。

それが「企業理念」や「経営理念」と呼ばれるものです。

その理念を追求することが、企業の目標ともなります。

ただ、理念は達成されることがありません。それは、理念の姿がどんどんと高みを帯びてくるからです。

企業の経営者は、理念追求の舵取りをする。

では、その舵取りとはどのようなものでしょうか?

企業は、理念追求のために事業活動を行います。その「どのような事業分野」で、活動を行うのか?も、舵取りの一つです。

そうです。社会から必要とされ続けながら…。

社会から必要とされ続けることは、簡単なようで難しいものです。

なぜなら、社会は日々変化しているからです。そう…見つからないように。

その社会変化を見定め、企業の舵取りをすることが、経営者の役割です。

追求する理念の姿を明確にして、浸透させる。

また、理念追求のためにどのような事業分野で活動を行うのかを判断する。

企業全体での方針や事業分野毎の方針を定めることも必要でしょう。

それらの方針を「経営方針」と称する場合が多いようです。

理念や方針は、企業で働く人々の判断の拠り所とすべきことです。

読者の方が経営者で有れば、明日にでも「当社の理念・方針」を従事者の方々に確認してみてください。

皆さんに浸透して共有できていますか?

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

長らくこのような記事を書いておりませんでした。 最近、思うことがありまして標記と題して書いてみます。 WebやSNSなどで、さまざまな商品・サービスを進める投稿を目にします。 しかしながら、そこには「こんなサービス」や「この商品はこんなことが…」のようなプロダクト志向の内容が多いような気がします。 これでは、本当に役立つサービスや商品であっても、読み手(見込み客)が自身の求めていることとしてしっく

梅雨も明けて、夏本番ですね。 暑さも旧盆まで…と聞きますが、今年は残暑が厳しいようです。 さて、「コロナパンデミック前後にかけての社会環境」をざっくりと考えてみます。 【コロナ前】 政府⁉︎財務省と取り巻きの人々による、デフレ政策 バブルの崩壊以降、意図して景気低迷を起こされている感じがします。 ある人が「30年前から、次世代にツケを残すな!と増税を主張するが、30年経って、世代が変わってるわ!○

投稿をずぼらしておりました^ ^ 一旦、収束傾向をみせた「新型コロナウイルス」ですが、梅雨明け間近の昨今、首都圏を中心に拡がりの兆しを見せています。 以前から、「経営の本質は、常に社会から必要とされ続けること。」と生意気を申し上げております。 日々、バレないように少しづつ変化する社会環境は、コロナの影響で大きく変化しました。まさに、経営者の皆様の「腕の見せどころ」ですね。 SNSなどをみております