• Site manager

経営の品質とは?

営の品質とは?

ISO9004:2018が発行されてからしばらく時が経ちました。

ISO9004とは、ISO9001品質マネジメントの延長線上にあり、経営の品質を高めていく指針とされています。

委員会では、17の目標のようなものが掲げられ、ひとつひとつクリアしてゴールを目指す⁉︎のでしょうか?

ちょっと社会主義的な目標が多く掲げられているような感じも受けます。

本邦と欧米では「社会通念」が異なるのでしょう。

本邦の社会通念に近いものとして思いますのが、ドラッカーの「経営者に贈る5つの質問」を思い出します。

小さな薄い書誌ですが、しっくりきたのを覚えています。

顧客は誰か?に始まるその切り口に同感しました。

まだ、お読みになっていらっしゃらない方は、この機会に是非ご一読ください。

経営の品質

それは、社会的な存在意義を自覚し、どのような人たちに必要とされ続けるのか?その人たちの求める便益はわかっているのか?ちゃんと提供できているのか?を把握して企業活動を展開し続ける舵取り…でしょうか。

これを、今後の見通しを含めて想定外の事柄にも備えなければなりません。

先行き不透明感が色濃くなる昨今、経営者の役割と力量を発揮するときです。

#経営の品質 #ISO9004 #P.F.ドラッカー

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

長らくこのような記事を書いておりませんでした。 最近、思うことがありまして標記と題して書いてみます。 WebやSNSなどで、さまざまな商品・サービスを進める投稿を目にします。 しかしながら、そこには「こんなサービス」や「この商品はこんなことが…」のようなプロダクト志向の内容が多いような気がします。 これでは、本当に役立つサービスや商品であっても、読み手(見込み客)が自身の求めていることとしてしっく

梅雨も明けて、夏本番ですね。 暑さも旧盆まで…と聞きますが、今年は残暑が厳しいようです。 さて、「コロナパンデミック前後にかけての社会環境」をざっくりと考えてみます。 【コロナ前】 政府⁉︎財務省と取り巻きの人々による、デフレ政策 バブルの崩壊以降、意図して景気低迷を起こされている感じがします。 ある人が「30年前から、次世代にツケを残すな!と増税を主張するが、30年経って、世代が変わってるわ!○

投稿をずぼらしておりました^ ^ 一旦、収束傾向をみせた「新型コロナウイルス」ですが、梅雨明け間近の昨今、首都圏を中心に拡がりの兆しを見せています。 以前から、「経営の本質は、常に社会から必要とされ続けること。」と生意気を申し上げております。 日々、バレないように少しづつ変化する社会環境は、コロナの影響で大きく変化しました。まさに、経営者の皆様の「腕の見せどころ」ですね。 SNSなどをみております