• Site manager

昨今の「雇用や仕事に関する風潮について

更新日:2020年4月7日

昨今の雇用や仕事に関する風潮について


お勤めの人も所属する組織などを通して、社会から必要とされることが必要であることは前にも述べた通りです。


最近、SNSなどを拝見しておりますと、「フリーランスのすすめ⁉︎」や「人材派遣⁉︎」「紹介業⁉︎」の広告がやたらと増えています。

「爪の事務員さんのSNSでは、違うようですが…彼女のSNSでは、クーポンなどが多いそうです^ ^)


また、悪夢の時代のように「人材の流動化」が進むのでしょうか?と、言うより「流動化」が進んだ方が恩恵が受けられる人たちが息巻いていらっしゃるように思えてなりません。


筆者もフリーランスと言えば、フリーランスなんですが、自身を必要としてくださる方「顧客企業」を見つけ、継続して契約をいただくことは大変です。

少し前までは、IT系の技術者や建設関連従事者さんの受給は不足気味でした。

しかし、武漢肺炎の影響で行き先不透明になっているのではないでしょうか?


お勤めの方は今一度、ご自身の棚卸しを試みてください。

経営感覚・スキル・経験・能力・周知させる手段(営業力)の全てが必要です。

紹介業さんのサービスなどを活用すれば、容易に作業は得られるでしょう?しかし、中間マージンを取られて「作業」に甘んじていてよいのですか?

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

長らくこのような記事を書いておりませんでした。 最近、思うことがありまして標記と題して書いてみます。 WebやSNSなどで、さまざまな商品・サービスを進める投稿を目にします。 しかしながら、そこには「こんなサービス」や「この商品はこんなことが…」のようなプロダクト志向の内容が多いような気がします。 これでは、本当に役立つサービスや商品であっても、読み手(見込み客)が自身の求めていることとしてしっく

梅雨も明けて、夏本番ですね。 暑さも旧盆まで…と聞きますが、今年は残暑が厳しいようです。 さて、「コロナパンデミック前後にかけての社会環境」をざっくりと考えてみます。 【コロナ前】 政府⁉︎財務省と取り巻きの人々による、デフレ政策 バブルの崩壊以降、意図して景気低迷を起こされている感じがします。 ある人が「30年前から、次世代にツケを残すな!と増税を主張するが、30年経って、世代が変わってるわ!○

投稿をずぼらしておりました^ ^ 一旦、収束傾向をみせた「新型コロナウイルス」ですが、梅雨明け間近の昨今、首都圏を中心に拡がりの兆しを見せています。 以前から、「経営の本質は、常に社会から必要とされ続けること。」と生意気を申し上げております。 日々、バレないように少しづつ変化する社会環境は、コロナの影響で大きく変化しました。まさに、経営者の皆様の「腕の見せどころ」ですね。 SNSなどをみております