• Site manager

悪夢の時代に起こったこと

悪夢の時代に起こったこと

国の首相が「悪夢の時代」と表現したことを思い出します。

そのときに何が起きていたのか?を思い出してみましょう。

国のGDPは大きく凹むこともなく横ばいに近い状態だったのではないでしょうか?「大きく凹む:1/2や1/3の減少)

当時は今より円高が進んでおり、大企業ほど苦戦を強いられていたと記憶しています。

実はそういう時でも、必要とされて儲けていた人たちがいたんです。

国全体が横ばいに近いのに、自分のところだけがへっこむ…その分を設けている人がいるということですよね。

先に「社会はバレないよう、日々少しづつ変化している」と申し上げました。

ただでさえ先を読むことが難しいのに、武漢肺炎などの想定外の事柄が社会を揺るがしています。

経営に携わる方々の役割がますます高くなっています。オリンピック後の景気後退が危惧されていましたが、武漢肺炎が拍車をかけていますね。

景気後退局面でも上昇する数値があります。そこに着目するのも良いのかも知れません。

昔話のようにならないように考えたいものです。

昔話とは…地方のA,Bという二つの街がありました。両方の街にスーパーが一軒づつありました。双方の経営者は、相手方に負けるものかと赤字を出しながらも踏ん張っていました。

そうこうしていますと、A街のスーパーが倒産しました。B街の経営者は大喜びです。しかし、B街のスーパーもしばらくすると倒産してしまいました。

なぜだか分かりますよね。

そうです。過疎化が進んでいたんです。

社会環境の変化に敏感でなければならない!という話です。

昨日の常識は、今日の非常識とまでは申しませんが、視野を広く持ちたいものです。


#経営 #環境変化 #悪夢の時代 #想定外 #武漢肺炎

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

長らくこのような記事を書いておりませんでした。 最近、思うことがありまして標記と題して書いてみます。 WebやSNSなどで、さまざまな商品・サービスを進める投稿を目にします。 しかしながら、そこには「こんなサービス」や「この商品はこんなことが…」のようなプロダクト志向の内容が多いような気がします。 これでは、本当に役立つサービスや商品であっても、読み手(見込み客)が自身の求めていることとしてしっく

梅雨も明けて、夏本番ですね。 暑さも旧盆まで…と聞きますが、今年は残暑が厳しいようです。 さて、「コロナパンデミック前後にかけての社会環境」をざっくりと考えてみます。 【コロナ前】 政府⁉︎財務省と取り巻きの人々による、デフレ政策 バブルの崩壊以降、意図して景気低迷を起こされている感じがします。 ある人が「30年前から、次世代にツケを残すな!と増税を主張するが、30年経って、世代が変わってるわ!○

投稿をずぼらしておりました^ ^ 一旦、収束傾向をみせた「新型コロナウイルス」ですが、梅雨明け間近の昨今、首都圏を中心に拡がりの兆しを見せています。 以前から、「経営の本質は、常に社会から必要とされ続けること。」と生意気を申し上げております。 日々、バレないように少しづつ変化する社会環境は、コロナの影響で大きく変化しました。まさに、経営者の皆様の「腕の見せどころ」ですね。 SNSなどをみております