• Site manager

コロナ前後の社会環境についての考察

梅雨も明けて、夏本番ですね。

暑さも旧盆まで…と聞きますが、今年は残暑が厳しいようです。


さて、「コロナパンデミック前後にかけての社会環境」をざっくりと考えてみます。


【コロナ前】

政府⁉︎財務省と取り巻きの人々による、デフレ政策

バブルの崩壊以降、意図して景気低迷を起こされている感じがします。

ある人が「30年前から、次世代にツケを残すな!と増税を主張するが、30年経って、世代が変わってるわ!○ケ!」とツイートしていらっしゃいました。

まさしく、その通りだと思います。

左派の方々がおっしゃる「世界の国々」は、日本はお人好しで、反抗しないのが良いからでしょうか?

こんな状態がツッいていると、個人消費がどんどんと落ち込みます。GDPの60%を占める個人消費…これを潰す消費増税


【コロナ流行期】

非常事態宣言は、行動様式とマインドに影響を与えました。

特にテレワーク・リモートワークが進みました。私たちのところで、「爪の事務員さん」は、リモート飲み会をじっししていたとか?笑

テレワークとリモートワークの違いは、皆さんでお調べください。



【コロナ後】

ソーシャルディスタンス、外国人のウイルス持込みが第二波を引き起こす可能性も否定できませんね。

テレワークの進展→できる人がフリーランスになる→リモートワークの進展と進みつつあるような気がします。そもそも、生産性の高い人がリモートワーク化することで、複数の企業から報酬を得ることができるようになるやも知れません。


また、今までの「目に見える範囲での事業活動」が中心でありましたかます、「見えない人との事業展開」が進展するのではないかと思います。

例えば、福岡県内で事業をしていた企業さんがこの景気のため、ほかの取引先を開拓したい。しかし、福岡からみて遠方の取引先から見て、福岡県内での実績はどこまで通用するのか?を考える必要があるのです。

そうです。今までの信用が担保できないのです。海外輸出を始める企業がぶつかる信用の壁と同様です。海外進出の際には、ISO9000シリーズ認証有無がなされているかなどで解決できるのかも知れません。


整理をしますと、

①商圏・相手先が変わる

 今までの営業スタイルを変える必要がある。

②信用担保追加の必要性

 どのように訴求するのかを考える。

 …どこの馬の骨と言わせない!


次回は、ご提案を申し上げます。


#コロナ #経営革新 #マネジメント #テレワーク #リモートワーク

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

長らくこのような記事を書いておりませんでした。 最近、思うことがありまして標記と題して書いてみます。 WebやSNSなどで、さまざまな商品・サービスを進める投稿を目にします。 しかしながら、そこには「こんなサービス」や「この商品はこんなことが…」のようなプロダクト志向の内容が多いような気がします。 これでは、本当に役立つサービスや商品であっても、読み手(見込み客)が自身の求めていることとしてしっく

投稿をずぼらしておりました^ ^ 一旦、収束傾向をみせた「新型コロナウイルス」ですが、梅雨明け間近の昨今、首都圏を中心に拡がりの兆しを見せています。 以前から、「経営の本質は、常に社会から必要とされ続けること。」と生意気を申し上げております。 日々、バレないように少しづつ変化する社会環境は、コロナの影響で大きく変化しました。まさに、経営者の皆様の「腕の見せどころ」ですね。 SNSなどをみております

私たちのテレワーク環境をご紹介します。 私たち「株式会社エム業務」のコンサルティング部門では、第三者認証はうけておりませんが、「社内ISMS」として運用しております。 先月の非常事態宣言を受けて、しばらくの間テレワークを実施しました。 テレワークは、ISMSの一部である「BCP」に基づいて実施しました。 その際のポイントは、次の4点でした。 1 労務管理 基本的に事務所に出社と同等の時間帯としまし