• Site manager

これからの時代に中小企業が生き残るには?…こんなキャッチを目にします。

 投稿をずぼらしておりました^ ^


 一旦、収束傾向をみせた「新型コロナウイルス」ですが、梅雨明け間近の昨今、首都圏を中心に拡がりの兆しを見せています。

 以前から、「経営の本質は、常に社会から必要とされ続けること。」と生意気を申し上げております。

 日々、バレないように少しづつ変化する社会環境は、コロナの影響で大きく変化しました。まさに、経営者の皆様の「腕の見せどころ」ですね。

 SNSなどをみておりますと、標記のタイトルのような記事が目立ちます。それらは、WEBを駆使して…売上増を!が多いようです。

 ここで考えていただきたいのが、WEBを使ったところで「社会環境の変化」を捉えていないと売上増も見込めないのでは?と、思います。例えば、100年前の石炭商が今の世にタイムスリップして、石炭を売り歩いたり、ネットで販売したところで期待する売り上げが見込めるか否かです。

これから、数回にわたってコロナによる社会環境の変化がどのようなものなのか?それに対して社会はどのようなニーズが大きくなるのかについて考えてみたいと思います。

お知り合いの方にも宣伝していただけますと幸いです。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

長らくこのような記事を書いておりませんでした。 最近、思うことがありまして標記と題して書いてみます。 WebやSNSなどで、さまざまな商品・サービスを進める投稿を目にします。 しかしながら、そこには「こんなサービス」や「この商品はこんなことが…」のようなプロダクト志向の内容が多いような気がします。 これでは、本当に役立つサービスや商品であっても、読み手(見込み客)が自身の求めていることとしてしっく

梅雨も明けて、夏本番ですね。 暑さも旧盆まで…と聞きますが、今年は残暑が厳しいようです。 さて、「コロナパンデミック前後にかけての社会環境」をざっくりと考えてみます。 【コロナ前】 政府⁉︎財務省と取り巻きの人々による、デフレ政策 バブルの崩壊以降、意図して景気低迷を起こされている感じがします。 ある人が「30年前から、次世代にツケを残すな!と増税を主張するが、30年経って、世代が変わってるわ!○

私たちのテレワーク環境をご紹介します。 私たち「株式会社エム業務」のコンサルティング部門では、第三者認証はうけておりませんが、「社内ISMS」として運用しております。 先月の非常事態宣言を受けて、しばらくの間テレワークを実施しました。 テレワークは、ISMSの一部である「BCP」に基づいて実施しました。 その際のポイントは、次の4点でした。 1 労務管理 基本的に事務所に出社と同等の時間帯としまし