• Site manager

あなたの事業は誰かに頼まれてやっていますか?「経営者に贈る5つの質問」について

今日は精力的です^ ^

私が島根県出雲市に住まいしておりました際、客先で使用したドキュメントです。

ここから↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会社を永続的に成長させていくためにどうすればいいのかー。

成功とは挑戦の結果であって、幸運の結果ではありません。

成功を収めている企業とそうでない企業の違いはどこにあるのでしょうか。

ドラッカーはこう言っています。

成功を収めている企業は、「われわれの事業は何か」を問い、その問いに対する答えを考え、明確にすることによって成功がもたらされている。

ピーター・ドラッカー

「われわれの事業は何か」を問うとは、

わが社の事業はどうあるべきかを徹底的に考え抜き、わが社のあるべき姿を明らかにする、ということです。

経営者のそんな仕事の助けとなってくれるのが、ドラッカー5つの質問です。

それは、経営者は、何を考えればいいのか、何を決めればいいのか、何を行なえばいいのか、ということが問いかけの形でまとめられているものです。

その中身は次のとおりです。

第1の質問 われわれの使命は何か

第2の質問 われわれの顧客は誰か

第3の質問 顧客にとっての価値は何か

第4の質問 われわれの成果は何か

第5の質問 われわれの計画は何か

5つの質問一つひとつの中に、さらに細かい質問がたくさんあります。

それらの問いに対する答えをつくり出していくことによって、結果として、優れた経営を行うに至ります。

ドラッカー5つの質問は主語がすべて「われわれ」です。

主語が「われわれ」であるということは、社長一人で考え込むものではなく、経営チームのメンバーと共に取り組むことを意味しています。

さらに、答えを共有する前に問いを共有しなければなりません。

そして、同じに問いに対して全員が同じ答えが出てくる状態にならなければなりません。

経営チームが一枚岩にならずして会社のさらなる成長はあり得ないからです。

経営者の仕事は、今日の仕事をこなす事ではなく、今日と違う未来をつくることです。

ドラッカーはこう言っています。

未来に何かを起こすには勇気を必要とする。努力を必要とする。

信念を必要とする。その場しのぎの仕事に身をまかせていたのでは未来はつくれない。

ピーター・ドラッカー

ドラッカー5つの質問は思想ではありません。

行動を決定するものです。

「一人で学ぶこと」と「チーム取り組むこと」はまったく違います。

ドラッカー5つの質問は経営チームで取り組んでこそ意味があります。

5つの質問は「答えを出して終わり」ではなく、「問い続けるもの」です。経営チームで組んでください。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

長らくこのような記事を書いておりませんでした。 最近、思うことがありまして標記と題して書いてみます。 WebやSNSなどで、さまざまな商品・サービスを進める投稿を目にします。 しかしながら、そこには「こんなサービス」や「この商品はこんなことが…」のようなプロダクト志向の内容が多いような気がします。 これでは、本当に役立つサービスや商品であっても、読み手(見込み客)が自身の求めていることとしてしっく

梅雨も明けて、夏本番ですね。 暑さも旧盆まで…と聞きますが、今年は残暑が厳しいようです。 さて、「コロナパンデミック前後にかけての社会環境」をざっくりと考えてみます。 【コロナ前】 政府⁉︎財務省と取り巻きの人々による、デフレ政策 バブルの崩壊以降、意図して景気低迷を起こされている感じがします。 ある人が「30年前から、次世代にツケを残すな!と増税を主張するが、30年経って、世代が変わってるわ!○

投稿をずぼらしておりました^ ^ 一旦、収束傾向をみせた「新型コロナウイルス」ですが、梅雨明け間近の昨今、首都圏を中心に拡がりの兆しを見せています。 以前から、「経営の本質は、常に社会から必要とされ続けること。」と生意気を申し上げております。 日々、バレないように少しづつ変化する社会環境は、コロナの影響で大きく変化しました。まさに、経営者の皆様の「腕の見せどころ」ですね。 SNSなどをみております